奈良県倫理法人会
県会長 梅守康之

はじまりの国、奈良は「国のまほろば」と言われています。
そして聖徳太子の「和を以って尊しとなす」という言葉の原点は奈良にあります。
世界には今この時にでも、人との争いや食べ物や暮らしで困っている人も多くいます。
平和な日本に生まれ、何不自由無く育った我々が世界の人々や
次世代に残していけるものは何なのでしょうか?

その答えは『倫理』にあります。
倫理とは「すべての人が幸福になる道」です。
人としてどうあるべきかは、今も昔も変わっていません。
その原理原則をもう一度日々学び、実践していきます。
人は何の為に生まれてきたのか、それは幸福になる為です。
障碍や知的能力が低い人も、病気で命の灯が消えそうな人も
皆幸福になろうと思って生きています。

皆が幸福になる為に、丸山敏雄先生は私達に分かり易い言葉で
『万人幸福の栞十七箇条』にまとめて残してくれています。

『苦しみを喜んで迎え、病気になれば「おめでとう」という時代が来た。
 それは、苦難は幸福の門であり、万人が必ず幸福になれる
 絶対倫理(くらしみち)が現れたからである。
 それは宗教でも、主義でも、学説でもない。
 実践によって直ちに正しさが証明できる生活の法則である。』

この栞を元に、奈良県倫理法人会は活動をしています。
そして大和まほろば準倫理法人会は毎週火曜日朝6時から奈良プラザホテルで、
奈良市倫理法人会は毎週水曜日朝6時から奈良ロイヤルホテルで、
飛鳥倫理法人会は毎週金曜日朝6時から橿原オークホテルで開催しています。
ぜひ皆様ご一緒に学び、実践し良い人生を送りそして幸福になり、
そして次世代に繋ぐお役割を果たそうではないでしょうか。

奈良県飛鳥倫理法人会
会長 前川真吾

朝起きには「直感力」を磨く力があります。
経営者にとって「直感力」を磨くことは企業繁栄に繋がる大切な力ではないでしょうか?

飛鳥倫理法人会経営者モーニングセミナー会場は「朝起き」実践者がたくさん集まっており、
とても良い波動(エネルギー)のようなもので満ち溢れています。
つまり、「明朗」(明るく、元気で、朗らか)なんです。
「明朗」こそが、「成功」の一番の秘訣と言っても過言ではありません。

週に1回この会場へ来ていただき、良い空気を吸って帰って下さい。
きっとその1日は気持ちよく仕事が出来るはずです。
それを繰り返していくうちに「心」がとっても純情(すなお)で前向きに磨かれていきます。
私たち役員も会場に来られる皆さんに対し、一生懸命のおもてなしをしていきたいと思います。

まずは「朝起き」を実践してみることから始めてみてください!
多くの経営者との繋がり、「来てよかった!仲間が増えた!」と思える、
地域№1の社会教育団体を目指します。

奈良市倫理法人会
11代会長 笹川晋也

令和元年5月1日、徳仁新天皇が即位されました。
本当におめでとうございます。

奈良は国の始まりの地であり
『やまとは国のまほろば』といわれ
現在でも多くの文化遺産が残っています。

この奈良の地で令和元年9月より
奈良市倫理法人会第11代会長を拝命致しました。
大変な責任を感じています。

宗教でもなく、主義、主張でもなく、学説でもなく
政治や教育、経営の根底になくてはならないもの、
たとえば会社を経営しているなら、
『何のために自分はこれをやっているのか?』と問うてみてください。
お金の為だけにやっているのでは、その組織は続くことはないでしょう。
根底にある倫理観とは
『人々を、地域を、日本を、世界を良くする為』です。
それを実現するにはまず、
人としてどうあるべきかを知り、自分が変わること、変身することです。
日々の暮らしの法則、それが倫理です。
其の原理原則を学び実践していく所、それが倫理法人会です。

毎週水曜日 朝6時より奈良ロイヤルホテルにて
経営者モーニングセミナーを行っています。
多くの経営者が参加し楽しく学んでいます。
会社経営で悩んでいるなら、一度参加してみませんか。
きっと答えが見つかるはずです。
日本全国では700ヶ所以上の会場でほぼ毎朝行われています。
参加企業数は7万社を超えている団体です。
安心して参加してください。
あなたとお会いできること、一緒に学べることを楽しみにしています。

全国都道府県倫理法人会一覧
https://www.rinri-jpn.or.jp/houjin/list/

奈良県大和まほろば準倫理法人会
会長 姫嶋良將

ひめじま歯科の姫嶋良將です。

令和2年度大和まほろば準倫理法人会会長を拝命いたしました。

大和まほろばは、コロナ以降、セミナー会場に苦しんで来ましたが、このたび田原本町商工会館をお借りしたらどうかとの有難いお話を頂き、ご案内差し上げることができることになりました。

ご助言、ご許可くださいました皆さま、ありがとうございます。

先祖の愛した大和まほろばの地を、皆さまとともに盛り上げていければと願っています。

合言葉は「大和まほろばワンチーム!」です。

どうぞよろしくお願いします。